ポッコリお腹の原因を対策!

寒い毎日が続いていますね。

寒くなると脂肪を蓄えようと、ついついダイエットに対する意識が薄れてくるような気がします。

忘年会、新年会、歓送迎会などでついつい食べたり飲んだりしてしまい、フワッとした服を着てしまえばわからないと気が緩んでしまいます。

とくに、お腹の脂肪!!

お腹に脂肪がついてしまうと、見た目あけではなく、骨粗鬆症のリスクがたかくなったり、喘息の原因にもなってしまいます。

さて、その原因は

●加工食品(添加物など)、小麦粉(炭水化物は体の中で脂肪に変わる)、飲料水(大量な砂糖)など、お腹に脂肪が溜まりやすい誤った食生活

●ポテトチップス(酸化した油)、ケーキ、クッキー(小麦粉と砂糖)などの間食

●アルコールを過剰摂取(飲みながらの飲食)するとお腹の脂肪が多く蓄積されると発表されています。

●糖尿病、高血圧、ホルモン補充役などの薬も体重増加の原因になります。

●睡眠不足

●ストレス

●運動不足

 

お腹に脂肪を蓄えないようにするには

●食生活の改善+よく噛む

●水をたくさん飲む

●有酸素運動水泳、ワォーキング)をする

●体のデトックス

●嗜好品(アルコール、清涼飲料水)などを飲みすぎない

脂肪だけではなく、健康な生活を送る為に気をつけてみては如何でしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です