「 痩せたい!」という人は多いけれど、やみくもに筋トレをしている人ばかり。

それを見ていつも「やる気はあるのにもったいないな?!」と思ってしまいます。

痩せるための効率のいい筋トレ

 
筋トレに詳しいスポーツ選手や筋トレオタクや身体マニアの方はこれらのトレーニングの基礎知識は熟知しているかと思いますが、今回はとくにトレーニングの知識がない一般の方向けに書きました。

どうせ痩せるなら、ムダな労力をなるべくかけずに、効率良くトレーニングをして減量したいですよね? そのためにはいくつかコツがあります。

ということで早速見ていきましょ?!

1. 大筋群から鍛えろ
?主要な2つの大筋群

大筋群とはつまり大きい筋肉のこと。そのままですね。人間のカラダには、とくに大きな筋肉が2つあります。それがこれ。
大胸筋(だいきょうきん)と大腿四頭筋(だいたいしとうきん)です。
つまりむねの前の筋肉と、ももの前の筋肉ですね。
これらがヒトの筋肉のなかでもとくに大きな筋肉なんです。

で、効率よく痩せるためにはまずコイツらを鍛えるのが良いんですね

?大筋群を鍛えることによる効果
①大幅なエネルギー消費

まず、大きな筋肉なのでそれに伴ってエネルギー消費も激しいんですね。小さい筋肉を一回使うよりも、このような大きな筋肉を一回使うほうがたくさんのエネルギーを消費します。

よって効率よくカロリーを消費していくことができます。
 

②カンタンに基礎代謝UP

人間には基礎代謝というものがあります。


基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。

つまり基礎代謝とは、そのヒトがなにもしなくても(一日中寝てても)勝手に消費してくれるカロリーのことです。つまり生命維持のためにそのヒトが一日に絶対に使うエネルギー量ですね。

 

この基礎代謝が高ければ高いほど、勝手にカラダが多くのエネルギーを消費してくれるので、太りにくいカラダになるわけです。最高ですね。よく「あの人よく食べるのに痩せてるよね」みたいな人はコレが高かったりします。

 

でね、この基礎代謝ってのを上げていく方法は、筋肉量を増やすことなんです。つまり筋トレですね。基礎代謝の大半は筋肉(骨格筋)による消費なんですよ。

 

「え?筋肉つけると体重増えるし?」

じゃありません(笑)筋肉を付けないから基礎代謝が低いままで痩せにくいんです。もちろん、筋肉は適度につけるのがベストですが。

 

つまり基礎代謝を上げたい → そのためには筋肉量を増やしたい → どうせなら効率よく筋肉量を増やしたい → デカイ筋肉を鍛えると早い!

 

ってことです。大筋群を鍛えると全体の筋肉量がグッと増えますので。効率がとてもいいんですね。

③体温UP

筋肉の伸び縮みは、血流を促すポンプの役割を担っているのですが、大筋群から鍛えることで大きなポンプを使うことになるので、血流量が増えて体温が上がります。

つまりポカポカしてきます。よって脂肪燃焼がしやすくなるんですね。これについては後述します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です