日本ってどうなってるの?

日本の死因で一番多いのは『ガン』

アメリカではガンが減ってきていると言う!なぜ??

その理由の一つとして『農薬』があります。

農林水産省は12月25日に許可した農薬はアメリカでは厳しく使用禁止!EUなどでは既に規制をかけているネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に許可をした。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、生理作用を有することは確実です。スキルホキサフロルはDNAに損傷を及ばさない非遺伝性物質であっても、ガンを引き起こす危険性はこれまでよりも慎重に評価されるべきであると述べています。

農薬って?

●ベトナム戦争で使用されて、ベトちゃんドクちゃんという結合児でが生まれました。その時に使用されたのが枯葉剤のグリホサート

●海外では既に厳しく規制しているネオニコチノイド

●サリン事件で聞いたことがあるサリンの仲間の有機リン系

名前を聞いただけでも怖~いと分かりますますよね。

農薬は洗っても落ちず残留農薬となり、少量ずつ食べていますので死に至ることはありませんが、毎日農薬だけではなく添加物も摂り続けている自分だけではなく、子孫達がアレルギー、アトピー、発達障害などが増えてきているのは事実だと思います。

野菜などの虫を殺し、雑草を生えなくする農薬がタップリかかった野菜、果物、その野菜、果物を腐りにくくする農薬

虫も死んでしまうような薬が人間に良いとは思えません。体調が優れない方は食生活を一度考えてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です