発酵食品って何が良いの?

私達日本人は味噌汁、漬物、納豆などの朝食を食べてきました。

最近はパン朝食が多くなってきましたが、日本食がどれだけすぐれた食品なのかは海外でも評価されていますよね!

発酵食品?って、どんなものかしっていますか?

納豆、味噌汁、ぬか漬け、甘酒、酢、しょうゆなどがあります。

最近では塩麹、しょうゆ麹などの調味料で「肉をやわらかくする」「旨味がアップする」という事ではやりました。

発酵をさせる為の菌には乳酸菌、納豆菌、麹菌、酵母菌、酢酸菌などがあります。

乳酸菌は牛乳と分解してヨーグルト

納豆菌は大豆と分解して納豆

酵母菌は強力粉と分解してパン

麹菌は大豆と分解して味噌

酢酸菌は米と分解して酢

食品に菌を混ぜて放置しておけば、おいしい甘味成分、香りになり、おいしくなっていきます。

おいしくなるだけではなく、身体に良い影響を与えてくれます。

・乳酸菌はヨーグルト、チーズ、漬物などには腸内環境を整え免疫力を高めてくれる     為、便秘などにも良いと言われています。

・麹菌は味噌、甘酒、などには昔から「甘酒は飲む点滴」と言われているほど、必須アミノ酸、ビタミンB群を多く含む為、ダイエットにも良いと言われています。

・酵母菌は人間に必要なタンパク質、ビタミン、βグルカンなどの栄養素が多く含まれています。

酵母菌は微生物の一種で、食品に対して「発酵」という働きを助けてくれるの事で、人間の生命維持活動に必要な酵素の源です。

大腸がんが多い昨今、酵母菌で便秘の改善、免疫力のアップ、疲労回復、糖質の吸収を抑制するなど菌の効果で腸活をしてみては如何でしょうか!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です