炭水化物

食事方法ダイエットと言えば低炭水化物ダイエットは最も健康的有効なダイエット法である。
どのように急速にダイエットするかといえば、低炭水化物食品の果物や野菜が最高の選択は間違いない。
摂取脂肪や砂糖が多すぎ、便秘、新陳代謝が遅いなどは肥満の主因である。この3大要因に対して、
低炭水化物食品でのダイエットの特徴は低脂肪、低糖、セルロースが高い、栄養豊富。
以下に十種類の典型的な低炭水化物ダイエットレシピを紹介しましょう。

低炭水化物ダイエットレシピの一 パパイヤ

カロリーは27(100グラム可食部)、パパイヤもじゃパパインが含まれて、
脂肪を脂肪酸に分解できる、パパイヤに含まれる酵素は蛋白質を消化できる、
人体が食物に対する消化吸収に有利です、だから、脾臓保険、消化に役立つ。
また、脚気、水腫の治療ができ、関節の改善もできる。

低炭水化物ダイエットレシピの二 野菜の漬け物

カロリー:22キロカロリー(100 g)植物性脂肪制が製作中に分解されたが、
体液を体内に滯在させるため、水腫型肥満者に食べられない。

低炭水化物ダイエットレシピの三 緑豆のもやし

カロリー:18キロカロリー(100グラム) 血管壁のコレステロールと蓄積した脂肪を除去、
心臓血管病変予防の役割がある。よく緑豆のもやしを食べると、
解熱解毒、利尿除湿、酒毒?毒解除ができる。
タバコ、お酒が好きな肥満者なら、常に緑豆もやしをよく食べると、
胃腸整理、解熱解毒、潔歯ができる、皮下脂肪形成を防止できる。

低炭水化物ダイエットレシピの四 セロリ

カロリーは12で(100グラム可食部)セロリには粗繊維が富んで、
カリウム、ビタミンB 2、ビタミンなどの成分を含まれている。
夏に天気は熱くて、人がのぼせやすいので、大便が乾燥し固くなる。
また、熱いと、水分の流失が速い、ナトリウムカリウムの不均衡になりやすい。
セロリは便秘の便通に有利で、ナトリウムカリウムバランスを調節するに役立てる。

低炭水化物ダイエットレシピの五 竹の子

カロリーは19カロリー(100グラム可食部)。
竹の子は低脂肪、低糖、繊維の多い特徴だけでなく、竹の子は腸の蠕動運動を促進することができて、
消化に役立てる、もたれ防止、便秘予防などができる、そして大腸がんの予防効果がある。
竹の子に含まれる脂肪、デンプンが少なくて、天然的な低脂肪、低カロリーの食品です、
肥満者ダイエットの最高選択です。

 

低炭水化物ダイエットレシピの六 ピーマン

ピーマンのカロリーは22 kcalで(100グラム可食部)
ピーマンはすべての野菜の中でビタミンC含有量の最も豊富な食べ物です。
ビタミンCは人体の免疫力を高めることができ、様々な病気を予防できる。

低炭水化物ダイエットレシピの七 パイナップル

カロリーは41 kcal(100グラム可食部)、パイナップルの果実は栄養が豊富で、
人体に必要なビタミンC、カロチン、ビタミンB 1、ニック酸などのビタミン、
及び人体に吸収しやすいカルシウム、鉄、マグネシウムなどの微量元素を含まれている。
パイナップル汁、果皮及び莖に含まれるプロテアーゼはタンパク質の消化に役立てるので、
魚、肉を分解でき、ディナーを食べた後に食べる方が最高でしょう。

 

低炭水化物ダイエットレシピの六 パイナップル  
カロリーは41 kcal(100グラム可食部)、パイナップルの果実は栄養が豊富で、
人体に必要なビタミンC、カロチン、ビタミンB 1、ニック酸などのビタミン、
及び人体に吸収しやすいカルシウム、鉄、マグネシウムなどの微量元素を含まれている。
パイナップル汁、果皮及び莖に含まれるプロテアーゼはタンパク質の消化に役立てるので、
魚、肉を分解でき、ディナーを食べた後に食べる方が最高でしょう。

 

低炭水化物ダイエットレシピの八 キュウリ

カロリーは15(100グラム可食部)、キュウリはビタミンC、ビタミンB族や多くのミネラルを含まれる、
栄養成分が豊富で、生食の場合、口当たりがよいです。栄養学の角度から考えると、
キュウリの皮に含まれる栄養素が豊富で、皮を残したままで食べるほうがいい。
塩で漬けて食べる場合、キュウリの頭と根元を捨てないように、キュウリをそのまま完璧に保持しまそう、
栄養が漬けているところで流失しないよう。

低炭水化物ダイエットレシピの九 冷凍豆腐

カロリー:56キロカロリー(100 g)。豆腐を冷凍すると、酸性の物質を産生するので、
この酸性物質が人体の脂肪を破壊することが出来る、冷凍豆腐をよく食べると、
脂肪の排出に有利です、体内に蓄積した脂肪が減っていくき、ダイエットの目的を達成できる。
冷凍豆腐は穴、隙間が多くて、栄養が豊富で、カロリーが少ない特徴があり、明らかな飢餓感を与えない。

低炭水化物ダイエットレシピの十 トマト

カロリーは19で(100グラム可食部)、トマトにはビタミンAが豊富で、
ビタミンAは視力の保護及び日焼け後の皮膚の修復に有利です。冷しトマトには砂糖を入れないほうがいい、
さもなくば甘味は食欲に影響を与える可能性がある。
肥満者、糖尿病人、高血圧患者は砂糖冷やしトマトの食用に適切しない。

この十種類低炭水化物ダイエットレシピは栄養的で健康に対する良い物である。
ぜひ一度試してみましょう。

 

ダイエットや筋トレ時は必ずタンパク質!

摂取カロリーを極端に抑えてタンパク質が不足してしまうと、体中の筋肉がみるみる減ってしまいます。
 筋肉は増加スピードはものすごく遅いのに、減少スピードはものすごく早いです。
あっという間に無くなってしまいますよ。

入院して寝たきりの状態だと、体の筋肉は驚くほど無くなっていきます。
また、重力がなく負荷のかからない宇宙飛行士の体の変化はものすごいそうですよ。

そのため、負荷をかける筋トレ器具のようなものを持っていくそうです。
 何もしないと、地球に戻ってきたときに立てない、歩けないレベルまで衰えるとのこと。

筋肉が少なくなれば基礎代謝が減ってしまうので、
せっかくダイエットに成功しても誰もが恐れるリバウンドが待ち構えています。

つまり、ダイエットや筋トレをして短期的な減量ではなく長期的に理想の体を手に入れたい場合、
筋肉の維持、増強からは逃れられません。
そのためにはタンパク質の摂取は絶対に必要なわけですねー。

タンパク質は重要な栄養素

そもそも、人間の体の多くの部分はタンパク質(アミノ酸)で構成されています。
ですので、美しさを保つためにもタンパク質は必須なんです。

せっかく痩せたとしても、肌がガサガサだったり、髪の毛のツヤが無かったらガッカリですよね。

以上のことから導き出される答えとしては、
「いかに摂取カロリーを抑えながら、効率良くタンパク質を摂取するか」

が重要だということですね。
ダイエットにおいて一番重要なポイントはここだと言っても過言ではないと思います。

もちろんプロテインが効率的

一番効率良くタンパク質が摂取できるのは、もう当然ですが「プロテイン」です。
それ専用に製造されていますからね。
 摂取カロリーあたりの摂取できるタンパク質の量が多く、密度が高いと言えます。

ただ、プロテインはあくまで栄養補助食品。
それを主食にするのは控えたほうがいいですね。
タンパク質は効率良く摂取できても、その他の栄養素が不足してしまう恐れがあります。

ですので、通常の食事の中で、一般の方が簡単に摂取しやすいタンパク質をご紹介いたします。

ゆでたまご

実はもうゆでたまごが全てを解決してくれると言ってもいいくらい、
良質なタンパク質とその他の栄養バランスを兼ね備えた食べ物です。

以前はコレステロールの問題から鶏卵は一日一個までにすべきという説も根強かったですが、
最近の研究ではこれはほとんど健康に害を及ぼさないことが分かってきています。
むしろ、その栄養価値が再度注目されていて、下手に炭水化物を摂取するならゆでたまごを摂取すべきですね。

用意するのがちょっと面倒くさいゆでたまごですが、冷蔵庫で保存すれば2~3日は保存可能ですので、
一度にたくさん茹でて毎食ごとに食べてもいいですね。

また、最近ではコンビニでもゆでたまごが売っていますので気軽に摂取できます。
コンビニのおでんでもたまごは定番ですよね。

サラダチキン

コンビニで売っているサラダチキンはダイエット食として定番化してきましたね。
 鶏のささみですので、かなり良質な動物性タンパク質を摂取できます。

もともとササミはパサパサしていてそれだけで摂取するのがなかなか辛かったんですが、
最近は色々な味も開発されてかなり食べやすくなっていますよ。
 自分で調理するのはかなり面倒くさい上に正直美味しくないので、
手軽なコンビニ商品を利用すると良いと思います。

この2つ+プロテインでタンパク質の不足を補えます。

その分、通常の食事の炭水化物や糖分を減らして摂取カロリーをコントロールすれば、
もうダイエットは半分成功したと言えるでしょうね。

体に良い脂肪と悪い脂肪?知っておきたい基礎知識

悪い脂肪 #1:飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は肉や乳製品などの動物性食品に含まれています。ビスケットやケーキ、アイスクリームなどの加工食品は、動物性脂肪や乳脂肪を多く含んでいます。?

飽和脂肪酸が悪い3つの理由:
飽和脂肪酸は血中の悪玉コレステロール値(LDL)を上げてしまいます
飽和脂肪酸は多く食べ過ぎがちになります
飽和脂肪酸は体に良くない食べ物(アイスクリーム、ビスケットやケーキなど)に多く含まれ、砂糖、人口着色料や香料などと混ぜて加工されています

悪い脂肪 #2:トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は「狂った油」とも呼ばれ、天然植物油にはほとんど含まれず、水素を添加して硬化した硬化油を製造する過程で発生する脂肪酸です。ビスケット、ケーキ、パン、スナック菓子などの加工食品に多く使われています。 

トランス脂肪酸が悪い3つの理由:
トランス脂肪酸は血中の悪玉コレステロール値(LDL)を上げてしまいます
トランス脂肪酸は体に必要な善玉コレステロール値(HDL)を減少させます
トランス脂肪酸は揚げ物やファーストフードなどの不健康な食べ物に多く含まれます?

悪い脂肪はどう悪い?

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸は、LDL値が上がることで動脈硬化や血栓の原因となり、高血圧や心臓疾患、ストロークの危険性を高めます.

トランス脂肪酸は血中の悪玉コレステロール値を上げるだけでなく、善玉コレステロール値を下げてしまうので二重に悪いのです。

よい脂肪 # 1:不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸はアボカド、大豆、ナッツ類、オリーブ、ゴマなどに自然に含まれています

よい脂肪 # 2:多価不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)?

オメガ3系多価不飽和脂肪酸は鮭、サバ、マグロ、さんまなどの魚に多く含まれています。又、くるみや亜麻仁油、ブラジルナッツ、松の実にも含まれています。オメガ6系多価不飽和脂肪酸はゴマや亜麻仁油、ブラジルナッツ、松の実に含まれています。

よい脂肪がGREAT(素晴らしい)理由!

不飽和脂肪酸は血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす?
善玉コレステロールは血管内壁や動脈の壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓に戻すはたらきをしています。?
よい脂肪を含んでいる食べ物には他にも重要な栄養素が含まれています。例えばアボカドにはビタミンE、アーモンドにはカルシウムが豊富に含まれています。?
多価不飽和脂肪酸は炎症を和らげる働きがあり、心臓の健康、アレルギーや皮膚疾患、関節炎の痛みなどに効果的です?
オメガ3系多価不飽和脂肪酸は脳の機能や記憶力、感情をサポートします?
健康に良い脂肪は、重要な体の活力源です

正しい脂肪の選択:

?体によい食品:
?くるみ、アーモンド、ブラジルナッツ、松の実、カボチャの種、ヒマワリの種、紅花、亜麻仁油、魚、全大豆、オリーブ、菜種油、ゴマ油

なるべく控える食品:

?肉、肉加工品、チーズ、クリーム、スナック菓子、ケーキ、ペストリー、揚げ物??

サプリメントの摂取:?
大豆由来のレシチンはコレステロール値を自然に下げるのにお勧めのサプリメントです。オメガ3は必須脂肪酸のサプリメントとしては子供にも大人にも人気の高いサプリメントです。
 

食べるだけでアンチエイジング!若返りを期待できる食べ物

いつまでも綺麗なままでいたいと願う女性が、揃って口にするのが“アンチエイジング”。

若々しくはいたいけど、「特別なケアをしなければいけないんじゃ…?」と思ってはいませんか?

確かにお金をかければ手軽に効果を得られますが、なかなか習慣化するのは難しいですよね。

そこで今回は私たちの身近にある、体の中からアンチエイジングできる食べ物をご紹介します。

この食材たちを摂取して、毎日の生活にアンチエイジングを取り入れましょう。
まずは私たちの身体が老化しやすくなる原因を検証してみます。 

私たちを老化へと導く「酸化・糖化・光老化」

年を取るとともに体が老化していくのは自然な流れです。

しかし同年代の人を比べて、若々しい人と年相応の見た目の人がいるという事は何か秘密があるはず。

そこで、私たちの老化を特に進める現象を解明していきます。アンチエイジングに成功している人は知っている、私たちの生活に潜む恐ろしい老化進行の原因は、
酸化
糖化
光老化です。

アンチエイジングにはこれら老化の原因に対する策が必須です!

体の酸化を抑える!抗酸化効果のある食べ物

まずはよく耳にする、体の酸化を予防してくれる食材を紹介します。酸化によって起こるシミやシワはアンチエイジングの大きな妨げになるので、抑制してくれる食べ物をしっかり知っておきましょう。

1年中手に入れやすい「バナナ」

スーパーに訪れれば、1年中目にするかなり身近な食材のバナナ。そのバナナはなんと様々な食材の中で最も抗酸化作用の高い食品なんですよ。

私たちの身体に存在する活性酸素は、本来体内に侵入したウイルスや細菌から身を守る為の成分ですが、過剰に作り出されると体の正常な細胞も破壊し老化を促進すると言われています。

その活性酸素の過剰な生成を抑えてバランスを整えてくれるのが、家計の味方であるバナナなんですね。

バナナは水溶性食物繊維も豊富で、腸で水分を吸収し排泄を促してくれる効果があるため女性には特におすすめしたい食材です。

鮮やかな色が効果的な証!「緑黄色野菜」

よく耳にするカロチンという栄養素。これもまた、体内の活性酸素の過剰な働きを抑えてくれる効果があります。

そのカロチンが豊富に含まれているのが
カボチャ
ニンジン
ピーマン

などの緑黄色野菜なんです。

カラフルな食材は食卓も華やぐので、ぜひ積極的に取り入れてみてくださいね。

長らく日本人に愛され続ける「蕎麦」

蕎麦を食べる人は長生きすると言われていますが、それはなぜでしょうか?それは、蕎麦に含まれるルチンという栄養素に秘密が隠されています。

このルチンとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用が含まれている他、生活習慣病や糖尿病や認知症を予防する効果があります。

その他にも、ビタミンやミネラルが豊富で血圧を下げてくれるなど、体の不調にも効果的なのでぜひ麺類を食べたくなったら蕎麦をチョイスして下さい。

イソフラボンは老化にも美容にも効果的「大豆食品」

イソフラボンには女性ホルモンと似たような働きをすることで、生理痛などを抑えてくれるなど女性にとって嬉しい効果が得られます。

しかしそれだけではなく抗酸化作用も高い成分なことをご存じでしょうか?
 大豆食品といえば
豆腐
納豆
味噌

などが代表的ですが、形を変えて摂取できるので毎日飽きることなく食べられそうですね。

小腹を満たしながら酸化を抑える「アーモンド」

美意識が特に高い海外モデルや女優なども積極的におやつに取り入れているアーモンド。
脳の機能を高めるオメガ脂肪酸や、抗酸化作用のある若返り成分“ビタミンE”が含まれており、それが彼女たちの美しさを保っているんですね。

しかしアーモンドは、
油分
カロリー

が高いので、たくさん摂りすぎると肌荒れなどにもつながる恐れがあります。

アーモンドを摂取する際は、なるべく無塩のものを選び一握りくらいの量に抑えるとよいでしょう。

糖化は体が焦げてゆく?抗糖化に効果的な食べ物

糖は体にとって必要な成分ではありますが、何モノも摂りすぎは悪影響につながります。

見た目の老化のみに留まらず、
糖尿病
心筋梗塞
アルツハイマー病

など、様々な病気を引き起こすリスクがグッと高まります。

そうならない為にも普段の食べ物で糖化をSTOPさせましょう!

クエン酸は糖化の大敵「レモン」

体の細胞にはブドウ糖を燃焼するクレブス回路というシステムがありますが、その働きを高めてくれるのがレモンが持つクエン酸です。

糖化は脂肪分が多い食事にも原因がありますが、脂肪分の多い揚げ物などにはレモンをかけたりするのもおすすめです。

またグレープフルーツにもクエン酸は含まれるので、おやつや朝食に食べるのもいでしょう。

冷え性防止にも効果的「生姜」

先程紹介した酸化を抑制してくれる効果に加えて、なんと糖化も予防してくれる生姜。

糖とタンパク質の結合を阻止してくれる生姜は、体を温めてくれたりと冷え性対策にもなりまさに女性には必須な食品と言えるでしょう。

すりおろしておけば料理に気軽にプラスできたり、ホットジンジャーを作ったりとおやつとしても活躍しそうです。

身近な食材の中で、生姜は最も高い糖化防止率を誇ります。

料理のアクセントに登場する「シナモン」

生姜の次に糖化防止に期待できるのがシナモンです。このシナモンには、血糖値を減少させる魔法のような有効成分が含まれています。

このおかげで、太りにくくなったり老化物質の発生も抑えられるので美容効果は抜群です!

パウダー状のシナモンなら手に入れやすいので、コーヒーや紅茶に混ぜたり、朝食のパンにはちみつとシナモンをかけて…なんていう食べ方もおすすめです。

摂取するときは、なるべく上白糖が混ざったものではないシナモンパウダーを選択してください。

抗糖化・アンチエイジングに期待!「リンゴ」

リンゴには抗糖化作用のみではなく、ビタミンも豊富なのでアンチエイジング効果を期待するにはもってこいの食材です。

果物には体に必要な栄養素がたくさん入っていますが、糖質があるのも事実で、血糖値を上昇させるものなので食べすぎには注意しましょう。

おやつ代わりに少量のリンゴを食べたり、食後のデザートにするのもおすすめです。

にパワーを授ける「ニンニク」

疲れた時に摂取したくなるニンニク。香りも強く、食欲をそそられますよね。

そんなニンニクも抗糖化作用があり、ニンニクの疲労回復効果の元であるアリシンという成分が実は抗酸化作用にも効果的とされています。

料理に混ぜるとおいしいだけでなく、満腹感も得られるので男性にも人気な食材。食卓にうまく取り入れて、家族で美味しいアンチエイジングを実践してみましょう。

しかし実はニンニクにも糖質があるので、薬味として少量摂取するのは問題ありませんが、こちらも摂りすぎには注意が必要です。

光老化をストップ!インナーケアをしてくれる食べ物

光老化に関しては外的要因が主です。日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりするのも重要ですが、もっともっと効果を高められるのなら試してみたくはありませんか?

今まで紹介してきたものにさらに以下の食材をプラスすればアンチエイジングをさらに実現出来るかもしれません。

ぜひチェックしてみてくださいね。

食べるサンスクリーン「ほうれん草」

ほうれん草などの緑葉野菜に含まれる“ルテイン”。

このルテインは紫外線を受けたときに活性酸素を抑える働きをするので、体の中から紫外線をブロックしてくれます。

そしてほうれん草の他にも、
ケール
ブロッコリー

などにも含まれている栄養素なので、ぜひ食卓にプラスしてみてくださいね。

愛い見た目に反して大活躍!「赤色のフルーツ・野菜」

見た目がかわいく、料理やお菓子の飾りつけなどにも使われる「赤色フルーツ&野菜」ですがその栄養素は侮るなかれ。

主な食材としては、
トマト
スイカ
イチゴ

などですが、巷でもよく耳にする“リコピン”が豊富なんです。

リコピンはまるで食べる日焼け止めのように、紫外線から肌を守る効果があるので積極的に取り入れたい食材。
メラニン生成の抑制
コラーゲン生成の促進効果もあります。

フィッシュオイルで紫外線をバリア「サケ・アジ・サバ」

これらの魚から摂取できるオメガ3脂肪酸。体にもいいと聞きますが、これらは肌を守り日焼け対策にも効果があるんです。

このオメガ3脂肪酸はこれらの他に、貝類や脂肪分の多い魚に豊富に含まれていることが分かっています。

そして特に効率のいい方法は、オメガ6系の脂肪酸とバランスよく摂取することです。

オメガ6系の食品はコーン油、ごま油、マヨネーズなどの植物油です。オメガ6:オメガ3の比率が3:1くらいになることが理想的と言えます。

女性に必要な栄養の宝庫「アボカド」

数ある食材のの中でも、その日焼け止め効果は王様級!

世界で最も栄養価の高い果物としてギネスにも認定されているアボカドは、「食べる美容液」とも呼ばれています。

そしてさらに「食べる日焼け止め」とも呼ばれるほどその効果は高いんです。

ビタミンAやビタミンC、ルチンなどの日焼け止め効果のある多数の栄養成分を含み、また天然のコエンザイムQ10も含まれているためUVカット効果が期待出来ます。

女性が不足しがちな鉄分・マグネシウムなども含まれているので、これを摂取しない手はありません。

しい女性は食べている!「ダークチョコレート」

美意識の高い女性がよく間食で取り入れているダークチョコレート。

これに含まれているポリフェノール化合物が、実は紫外線対策にもなるんです。

炎症抑制効果で日焼けによるダメージを抑え、肌の乾燥を抑える効果もありアンチエイジングを目指すには最適な食べ物。

カカオが多く含まれるダークチョコレートでないと効果を発揮しないので、購入する際には注意してくださいね。

身近な食べ物で習慣化!今日からアンチエイジングを始めよう。

老化を進める主な原因の「酸化・糖化・紫外線」。

それを防ぐ効果のある食べ物をご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?どの食材もスーパーに売っていて気軽に日常に取り入れられるものばかりです。

そして安価なモノも多いので、今すぐにでもアンチエイジングを始められそうですね。

美は内側から作られると言いますが本当にその通りで、普段の食生活に気を使うだけで綺麗な自分に近づけます。

美しさの為にも、そして体の健康の為にも、今日から気軽に出来るエイジングケアを始めましょう!

今年はしもやけが・・・

今年の冬は寒かったですね。

名古屋は1度だけ雪が積もっただけでしたが、北陸、東北地方では大雪で交通も麻痺したり、4m以上の雪がつもったりしました。

寒い冬だったからなのか?!栄養不足なのか?

子供の頃依頼初めてしもやけができました。

そこで。もう一度栄養について振り返ってみようと思いました。

三大栄養素  タンパク質、脂質、糖質

私達の生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギー源となります。

・タンパク質  魚、肉類、卵、豆類など

・脂質     肉などの動物精油脂、植物油など

・糖質     ご飯、麺類、パンなど

役20種類のアミノ酸が結合してできているのが、たんぱく質です。体内で作られる物ではないので、食べ物から摂らなければいきません。

約20種類のアミノ酸をバランス良く摂れず、1種類でも足らない物があると炭水化物の栄養価もそのレベルまで下がってしまいます。タンパク質は成人で1日の所要量は男性約70g、女性60g

五大栄養素

三大栄養素にビタミン、無機質

・無機質  人体には約60種類の元素が含まれています。約96%を酵素、炭素、水素、窒素で残りの4%にはカルシウム、カリウム、リン、硫黄、ナトリウム、塩素が主要無機質です。

・ビタミン  水溶性ビタミンーB群、C 骨、血液、酵素などの構成成分

脂溶性ビタミンーA、D、E、K

七大栄養素  ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル

毒素を排出し、体内を綺麗にする成分

・ミネラル  体の調子を整え、歯、骨などを作ります。 小魚、海藻など

・食物繊維  腸を綺麗にする。 豆類、キノコ、海藻など

・ファイトケミカル  活性酸素から体を守る。 乳酸菌など

栄養に対する考え方も時代とともに変わっています。

健康は自分で維持するものです。バランス良く栄養を摂って、お医者さんにお世話にならないようにしたほうが良いですね、痛い、痒いは自分持ちですからね!